管理人

    

3月23日(金)に本校第一体育館にて、創立十二周年記念式典を挙行いたしました。

多くの来賓の方に来ていただきました。本当にありがとうございました。

修業式を執り行いました。次年度に向けて皆さんがんばっていきましょう。

    

総合学習発表会を気仙沼高校の体育館で行いました。

地域社会研究や課題研究Ⅰ、台湾研修、課外活動の成果をスライドやポスターで発表しました。

防災フォーラムも同時に開催し、気仙沼高校の防災委員、東北大学災害科学国際研究所の川島秀一先生、市内にお住まいの外国人の方、市役所の方でパネルディスカッションを行いました。質疑応答も活発に行われ、防災の考え方が深まりました。

多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

東北地区SGH課題研究発表フォーラムin杜の都が3月20日に仙台白百合女子大学で行われ、2年生4名と1年生3班10名が参加し、研究内容を発表しました。翌日は、参加した東北のSGH校の生徒と、模擬国連活動を通して交流を持ちました。

       

3月2日(木)に卒業式を執り行いました。

想いのつまった、とても感動的な卒業式でした。

嵐の中で始まった卒業式でしたが、午後には晴れ間がみえ、きらきらと輝く光が卒業生を祝福しているように感じました。

SGH事業の連携校である福井県立若狭高校のSSH研究発表会に、13名が参加してきました。先日の学年発表会で優秀と認められた、1学年地域社会研究から3班8名(うち1班は気仙沼西高校)と課題研究Ⅰから5名の計8題を発表し、福井県の生徒と意見交換をしました。

第1回けせんぬま防災フェスタが気仙沼市役所で行われ、課題研究Ⅰと地域社会研究のポスターを出展しました。

2月4日(日)に東京大学で行われた第5回全国海洋教育サミットに、地域社会研究の代表班と創造類型の代表者が参加しました。

ステージ上の発表とポスター発表を行い、自分の研究結果や考えを発表しました。